埼玉県の幸手市で、子育て支援をしている小さなグループです。 たくさんの人とつながっていく温かさを伝えていきたいと思っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルーンアート講習会は熱かった
2007年08月28日 (火) | 編集 |
8月27日(月)におもちゃ館「遊」を会場にお借りして風船を使っていろいろな形を作るバルーンアート講習会が開かれました。私たちの予想を超えた方が参加してくださり、夏休みとあってお子さん連れのママも2組きてくれました。
バルーンアートをやってみたいけれど、なんだか割れそうでこわい・・と私を初め、みなさん思っていたのですが、講師のKさんに教わりながら扱ってみると、あら、意外と割れないのね と、少しずつバルーンをねじって形を作る手が大胆になっていきました。
犬から始まって、キリン、うさぎ、子どもが大喜びする刀と進み、だんだん複雑になっていってクマ、ライオン(たてがみがポンデライオンになっていて可愛い)と作っていきました。

今日は栗橋町の方も参加してくださり、早速地元で活用してくださるとのこと。会場のおもちゃ館のことも関心をもってくださっていました。
今回の企画は、12月2日(日)の子育て応援まつりでバルーンアートのコーナーを手伝ってくださる方を増やしたい、との願いから実現しました。子どもたちがとっても喜んでくれるので、一度覚えてしまえばいつでもどこでも作ることができます。
幸ネットワーク(主催)とおもちゃ館「遊」(会場)と幸手子育て支援ねっとわーく(後援)のコラボレーションの初企画でした 幸手市に生まれた大切な子育て応援の空間が「遊」です。これからもこんなふうに気軽に集まって、わいわい楽しめる時間を作っていきたいと思いました


20070828054257.jpg   いろいろできてきました
  空気を入れていきます       次々と形ができていきました

※今回の写真は、私は保育担当に回っていたのでよっくんじーにお願いしました。ありがとうございました
スポンサーサイト
バルーンアート講習会のお知らせ
2007年08月08日 (水) | 編集 |
今日は暦の上では立秋ですが、厳しい暑さが続いています。でもこの暑さも子どもたちにとっては嬉しい夏休みですね
この夏休みに幸ネットワークでは子どもたちの大好きな風船を使っていろいろな形を作るで開催します。コツさえつかめれば簡単にできるバルーンアートの講習会を8月27日(月)10:00~12:00におもちゃ館「遊」で開催します。一緒に作ってみませんか?尚、講習修了者の方には、12月2日の子育て応援まつりへのご協力をお願いしたいと思っています。ご参加お待ちしています!

    バルーンアート講習会
 1度クリックすると拡大し、もう1度クリックするとよく読み取れます
子ども☆夢☆未来フェスティバルに行ってきました
2007年03月13日 (火) | 編集 |
3月10日(土)に東大宮にある芝浦工大でおこなわれた「こども☆夢☆未来フェスティバル」を見に行きました。今年のテーマは「オリジナルな私を生きたい!」でした。子育て支援をしているNPO法人の彩の子ネットワークが開催してきたこのフェスティバルも、もう10何回目?になるのでしょうか?今までは伊奈の県民活動総合センター(県活)で開かれていましたが、今年は芝浦工大とタイアップして場所を移しての開催でした。
ここ2年ほど行く事が出来なかったのですが、今年久しぶりに行って感じたのは、会場が変わっても、県内各地から出展するグループは変わっていっても、開催当初から彩の子ネットワークが大切にしている「自分を大切に生きる」という想いはちっとも変わっていないことでした
子育て支援をしているけれど、それは子どもやお母さんたちだけに関わっているのではなく、生きること、生まれてきた命が大切なんだよ、というメッセージをいつも発信していくれています。自分の病気を隠さないで、歌うことを通して想いを伝えたいという若者たち。癌と闘いながら自分も働きたい、時給ではなく「一分給」だったら働くことができる、とNPO法人を立ち上げ活動している人等に出会うことができました。
こんなにも命を大切に自分らしく一生懸命生きている人達がいるんだ!子どもを産み、育てることは「命を大切にしていくこと」です。その想いがあちこちに散りばめられていたフェスティバルでした。

北海道の旭山動物園の獣医でもある副園長の板東さんのトークも、心に響く言葉がたくさんありました。この報告は次のブログで書かせてもらいます。やっぱり「生きること」を大切にするお話でした

大道芸人の素敵なお姉さん  
  フェイスペイントをした子ども達と大道芸人のお姉さん
  このコーナーの隣はアフガニスタンのチャリティコーナーでした

戸田教育長の心温まるトークでした
2006年10月25日 (水) | 編集 |
23日(月)の午後6時から8時の間、しあわせCafe『アミ』は温かい雰囲気に包まれました。
『人が育つ力』をテーマに、理科の先生だったという戸田教育長は、まず鮭や海がめの話から始まりました。生きるということは、危険にさらされ大変なことだけれど生命(いのち)は親から子どもへちゃんと伝わっていて、受け継がれていくことの素晴らしさを話してくれました。そのあと、個人的案話で恐縮ですが、と前置きをされて10日前に生まれたお孫さんのことを話してくださいました。赤ちゃんは産まれてすぐなのに、ちゃんと生きる力を持っていることへの感動、生まれてすぐの親子のスキンシップの素晴らしさを伝えてくださいました。その他、多くの具体的な話を通して、子ども達への愛情がひしひしと感じられ、教育長の温かい人柄が参加してくださった方たちに、しっかりと伝わったセミナーでした。
会場には、子育て中のお母さんだけではなく、大学生、現役の先生、相談員の方、助産師さん等々、いろいろな立場の方が参加してくださいました。幸ネットワークは、人と人が出会う「場づくり」を目指しています。ひとりひとりの力は小さいけれど、出会って、触れ合って、繋がっていったら、きっと何かが始まっていきます。今日のセミナーも、そんな「場」のひとつになれたことを嬉しく思います。でも、なによりも嬉しいのは、戸田教育長の温かいお人柄が多くの人たちに伝わったことでした。

    戸田教育長です

市民の情報発信の場である「しあわせCafe”アミ”」を使って
 教育長と市民の交流ができました



店内の様子です。アットホームな感じでした。

  参加してくださった方もリラックスした雰囲気の中で聞いていました
戸田教育長のイブニングセミナーへの申し込み
2006年10月15日 (日) | 編集 |
今晩は!嬉しい申し込み が先日あったので、是非ともお知らせしたいと思いました。

23日の戸田先生のイブニング・セミナーに大学生の参加申し込みがありました。男子学生で現在教育学部に在籍しているそうです。
戸田先生の書き物を読んで、是非話しを聞いてみたい。と思ったそうです。
幸手で育ったので、この街で何か協力できれば嬉しい!と話していました。
幸ネットワークの活動を紹介させてもらったら、学校の掲示板にチラシをはります、と言ってもらいました。今までは、学校のある地域のボランティアの協力をしてきましたが、これからは、幸手で自分のできる協力をしていきたい
そんな希望を語る電話の向こうの側の声は、とても爽やでした。

子育て支援の活動に理解をし、協力をしてもらえる学生がいる!
なんと素敵なことでしょう。
話をして、すっかり元気をもらった私でした。(M)

10月23日(月)の戸田教育長のセミナーの案内は、文中の申し込み をクリックしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。