埼玉県の幸手市で、子育て支援をしている小さなグループです。 たくさんの人とつながっていく温かさを伝えていきたいと思っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もやります、さくら小の宿泊体験!
2006年07月28日 (金) | 編集 |
昨年さくら小の体育館で、PTAの有志の方、おやじの会のお父さんたち、先生方等々、たくさんの方の協力を得て、宿泊体験を開催するお手伝いを幸ネットワークはさせていただきました。
今年は、実行委員会形式をとり、その一協力団体として参加させてもらっています。昨年以上に多くの子ども達が参加しやすい日程を・・と考え9月の2日(土)3日(日)に開催することとなりました。
既に4回の実行委員会が開かれ、大人も子ども達と一緒にワクワクできる企画を計画中です。学校関係者ではない地域のグループである私達が、こうやって一緒にお手伝いが出来ることは、とても嬉しいことであり、とても大切な意味のあることだと思っています。
地域の大人の温かい目が子ども達を育てていくのだと思います。ボランティアしてくださる方を募集していますので、どうぞお声をお掛けください。
スポンサーサイト
「不登校」をテーマにしたシンポジウムに参加しました!
2006年07月23日 (日) | 編集 |
今日は、春日部で行われた、インターネットを使うある通信制高校が主催するシンポジウムにパネラーとして参加してきました。テーマは「不登校」です。子育て支援の立場から、また子どもの不登校を体験する親の立場から発言させてもらいました。(役不足で思っていることの10分の1も伝えきれなかったのですが)

・子育て支援は親支援であること
・地域が継続的な支援を行っていく必要性
・学校は6年間、3年間という枠にとらわれず、長い人生のひとコマという視点 でサポートして欲しいこと
・今子どもが起こしている行為は、必ず意味があること
・「親が変われば子どもが変わる」の「変わる」ということは『できない自分 をできるように変えていく』のではなく、『出来ない自分』つまり今のその ままのあるがままの自分を受け入れるように変わる、と考えていること。

会場には女性よりも男性の参加者が多いという珍しい光景が見られました。その中で、あるお父さんの「自分はずっと頑張って生きてきて、物事は黒か白しかないと思っていた。でも最近グレーもあることが解ってきたんですよね」という言葉がとても印象的でした。

もし、家から少し外に出てみたいなぁ、と思うお子さんがいましたら、行き場所として幸手市内の「しあわせCafeアミ」はどうでしょうか。幸ネットは、ここで月曜日の午後ボランティアスタッフをしています。一緒に素敵な時を過ごせたら嬉しいです


20060802134219.jpg


嬉しい問い合わせがありました!
2006年07月21日 (金) | 編集 |
7月7日に開催した竹内理恵子さんの「生と性」に参加してくださった方から、連絡がありました
竹内さんを自分たちの子育てネットワークに招きたいので、連絡先を教えて欲しい、という問い合わせでした。この方は、今は幸手市内に住んでいますが、数年前は茨城県の境町に住んでいて「skip」という子育てネットワークに入っているそうです。県を越えて茨城県へ竹内さんのセミナーが届けられたら、なんて素敵なことでしょう!
竹内さんのセミナーの内容は、現在子育て中のパパママや未来にパパママになる若者達みんなに聞いてもらいたい、と思うものです。幸ネットは小さなグループですが、こんなふうに少しでも多くの人たちに伝えていくお手伝いができることは、とてもとても嬉しいことです。
問い合わせをしてくれた「skip」さん、ありがとうございます。開催が決まったらぜひ教えてくださいね!


おもちゃ館『遊』は素敵な居場所!
2006年07月17日 (月) | 編集 |
7月1日に幸手市内に新しくオープンした“おもちゃ館『遊』”は、常時50

0点ほどの木のおもちゃが展示・販売しており、おもちゃで遊ぶことのできる

空間です。

私は、初めて訪ねた時、木のおもちゃの持つ温かさと、おもちゃの持つユーモ

ラスな世界にすっかり魅せられてしまいました。それまでの私は、おもちゃは

子どもを遊ばせるもの、というイメージしかもっていなかったのですが、

『遊』のおもちゃに触れていくうちに、大人も子どもも関係なく楽しむことが

出来て、心癒されていくことを体験しました。

木のおもちゃに囲まれて、ゆったりとした気分でお茶を飲みながら「そうなの

だ!この空間が子育て支援そのものなのだ!」と気がつきました。

「子育て支援」とよく耳にするようになりましたが、まだまだひとりひとりの持

つイメージは様々で、どんなことが子育て支援になるのだろうか?と悩むこと

もたくさんあります。でも、このおもちゃ館は子どもだけではなく、子育てを

する親たちも一緒にゆったりした気分で、元気を貰える時間と空間です。これ

って、まさに子育て支援を形にしたものなのでね。どうぞ一度、行ってこの空

間の心地良さをぜひ味わってみてください。絶対にオススメですよ(春山)

おもちゃ館『遊』  


  おもちゃ館『遊』の看板

木のおもちゃ どんぐりころころ

  “どんぐりころころ” 
  下にビー玉が入っていてコルクの板の上を
とことこ歩きます

子育てを応援するフェスティバルに向けて!
2006年07月15日 (土) | 編集 |
今日は、昨年6月から子育て支援課の協力を得て始まった「子育て支援ネットワーク会議」が西公民館で開かれました。今年度は市内で子育て支援をしているグループと一緒に、この街はみんなで子育てを応援しているよ!と伝えるフェスティバルをやろう!ということが決まっています。
今日の会議はフェスティバルに向けて3回目の実行委員会を兼ねていました。フェス開催は12月3日(日)です。なんせ初めてのことなので、ホント手探りで進んでいます。経験も無い、予算も無い、そんななかで心強いのは市内でずっと子ども達を応援するボランティアをしてきた方たちとたくさん知り合えたことです。
それぞれの活動の想いを聞かせていただくと、本当に頭が下がることばかりで、こんなに素敵な人たちが幸手の街にいることが分かって、とても嬉しくて、何があっても絶対に大丈夫!と思えてきます。
幸ネットワークの役割は、市内でそれぞれの場所で活動している方たちとつながるお手伝いをさせてもらい、多くの人たちに紹介させてもらうことかなぁ、と最近やっとおぼろげに見えてきました。この気づきも出会った人達が教えてくれたことです。
今まで知らなかった人と出会い、つながっていく・・。子育て支援とは、目に見える制度を充実することは、もちろんですが、こうやって目に見えないネットワークをつくっていくことも、とても大切な支援ではないのかなぁ、と最近考えるようになりました。(春山)


《つぶやき》☆☆☆
 このブログは、幸ネットワークのメンバーがそれぞれ感じたことを書いていく予定です。私こと春山が書くことが多いのですが、PCにあまり慣れてず、試行錯誤で三女に教わりながら日々やっています(^^ゞ 今日も会議の写真があればよかったなぁ、文字ばかりだと読みにくいなぁ、などと反省していますm(__)m
 伝えたい想いはたくさんあるので、ぼちぼち書いていけたら、と思っていますので懲りずに読んでもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします(^o^)丿

助産師の竹内さんによるセミナーを開催しました
2006年07月13日 (木) | 編集 |
7月7日(金)に助産師の竹内理恵子さんを講師に「わが子に伝える生と性」をテーマに香日向にあるコミュニティセンターの和室でセミナーを開催しました。自分たちが育った時代とは違った社会環境の中でわが子にどのように伝えていったら良いのかを丁寧に、解り易く話してくださいました。自分自身を大切に生きるということは自分の「性」を大切にすることであり、パートナーとなる相手のこともお互いに大切にし合うことが大切。そして、そのことが命を大切に育んでいくことに繋がる、という内容には深く考えさせられるものがありました。
昨年に引き続き、今年もこのテーマでセミナーを開催できたことは、とても嬉しいことです。性の情報が氾濫し、子ども達が簡単に情報を手に入れることのできる今の時代だからこそ、子ども達には、命の重さをしっかりと受けとめることのできる人になって欲しいと願っています。

P7070073.jpg


《託児について》幸ネットワークでは、サロンやセミナーには託児をつけているのですが、今回も12人のお子さんを預かりました。サロンのときは、和室を完全に区切らず、子どもたちがお母さんのところへ行けるように、少し開けておくのが私たちの託児方法なのですが、今回は子ども達の声が響いて、セミナーには不向きでした。託児に関してはまだまだ模索中なので、お母さんたちの声を聞きながら子ども達との素敵な時間を創っていきたいと思っています。

P7070066.jpg


はじめまして!
2006年07月12日 (水) | 編集 |
幸ネットワークです。
この街で子育て支援を始めて5年目になりました。この5年間にたくさんの人と出会わせていただき、心の奥に「ぽっ」と灯りの灯るような、生きていて良かったなーと思えるような数々の場面がありました。それぞれの場で一生懸命生きている人たちの言葉には重みがあります。そして子育て中のお母さんの生の声も、そのまま埋もれさせてしまうのはもったいない、とずっと思ってきました。このブログを通して、少しでも、そんな方たちの想いを伝えていけたら、と思っています。
それと私たち幸ネットの作っている「場」も少しずつ紹介していけたらいいなぁ、と思っています。
今回やっとブログを開設できたのは、「いつでも協力しますよ」とPCに関しては心の支えになってくれていた「あした あさって」管理人さんのお陰です。そして、今月1日にオープンした「ふれあいおもちゃ館『遊』」の館長の“よっくんじー”が「ブログは簡単ですよ」「開設するの楽しみにしていますよ」と背中を押してくださったからでした。心から感謝です。やっとここまでたどりつきました。
ではでは、これからよろしくお願いしますm(__)m      


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。