埼玉県の幸手市で、子育て支援をしている小さなグループです。 たくさんの人とつながっていく温かさを伝えていきたいと思っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「不登校」をテーマにしたシンポジウムに参加しました!
2006年07月23日 (日) | 編集 |
今日は、春日部で行われた、インターネットを使うある通信制高校が主催するシンポジウムにパネラーとして参加してきました。テーマは「不登校」です。子育て支援の立場から、また子どもの不登校を体験する親の立場から発言させてもらいました。(役不足で思っていることの10分の1も伝えきれなかったのですが)

・子育て支援は親支援であること
・地域が継続的な支援を行っていく必要性
・学校は6年間、3年間という枠にとらわれず、長い人生のひとコマという視点 でサポートして欲しいこと
・今子どもが起こしている行為は、必ず意味があること
・「親が変われば子どもが変わる」の「変わる」ということは『できない自分 をできるように変えていく』のではなく、『出来ない自分』つまり今のその ままのあるがままの自分を受け入れるように変わる、と考えていること。

会場には女性よりも男性の参加者が多いという珍しい光景が見られました。その中で、あるお父さんの「自分はずっと頑張って生きてきて、物事は黒か白しかないと思っていた。でも最近グレーもあることが解ってきたんですよね」という言葉がとても印象的でした。

もし、家から少し外に出てみたいなぁ、と思うお子さんがいましたら、行き場所として幸手市内の「しあわせCafeアミ」はどうでしょうか。幸ネットは、ここで月曜日の午後ボランティアスタッフをしています。一緒に素敵な時を過ごせたら嬉しいです


20060802134219.jpg


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。