埼玉県の幸手市で、子育て支援をしている小さなグループです。 たくさんの人とつながっていく温かさを伝えていきたいと思っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育て支援センターのこと
2007年02月03日 (土) | 編集 |
ウェルス幸手の1階に「子育て支援センター」と表示されたカウンターがあります。幸手市広報でも企画案内に「子育て支援センター」と書いてあるのを見るたびに、一体どこでやっているのだろうと不思議でした。先日(1月22日)の子育て支援ネットワーク会議の中で、毎回参加をしてくださっている子育て支援課の職員の方から色々教えていただき、やっと理解することができました。
まず、「子育て支援センター」は国の補助事業で、市町村から委託され運営されるということ。設置場所は、保育園の中だったり、「○△センター」のような名前がついて、独立している場合もあるということ。近隣の市町村を見ると、久喜市・加須市・蓮田市・鷲宮町・宮代町・杉戸町・栗橋町・大利根町・白岡町・・・と言うようにほとんどの街にあります。
幸手市は、というと他市町のように支援センターとしては設けてはいないけれど、市内の保育所解放事業をしたり、ウェルス幸手内のプレイルームを使って、子育て支援センターと同じように、子育て支援事業を行なっている、児童館も充実していると思う、というお話でした。また小学生対象としても、幸手小での放課後事業として「もくもく」が、長倉小学校では地域の親子を対象に「えんどう豆」がさまざまな催しを行なっています。
改めて広報で確認してみると、確かにそれぞれの場所でいろいろな企画があって、それなりに頑張っているな、と思います。幸手市の子育て支援課は、市民の目線に立って、市民とパートナーシップを取っていく、という方針のもとに「子育て支援ネットワーク会議」にも初回から欠かさず参加してくれています。そして、その結果昨年12月の子育て応援まつりは、市民と行政の幸手市では初めての協働企画となりました。こんなふうに行政が最初から一緒に連携する街は、なかなかあるものではないと思っています。
では、子育て中のお母さんたちの「どこへいけば子育て中のお母さんに会えるの?なかなか会えない」「結局、市内ではなく他の街へ行くしかない」という声を聞くに都度、このギャップは何なのかなぁ、と考えさせられます。この辺りに、何か鍵が隠されているような気がします。
「子育て支援ネットワーク会議」は、こんなようなことを皆さんで考えながら、子育てしやすい街づくりを考えています。参加は、関心のある方ならどなたでもご自由に参加できます。特に申し込みはありませんので、どうぞ直接会場にお越しください。日程は以下のようになっています。お待ちしています

  2月24日(土) 午前10時~12時  幸手市西公民館
  3月19日(月)    〃        ウェルス幸手

    ※ひとりでも多くの方に参加していただきたいので場所と曜日を
    毎月交互に変えています。お間違えのないようにお出でください。

新しくできた隣町の支援センター
杉戸町に新しくできた支援センターの看板です。
可愛くて思わず写してきました



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。