埼玉県の幸手市で、子育て支援をしている小さなグループです。 たくさんの人とつながっていく温かさを伝えていきたいと思っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援まつりの準備が着々と進んでいます
2007年09月22日 (土) | 編集 |
12月2日(日)にむけて、ゆっくり一歩ずつ準備が進められています。月に1回の会議は、子育て支援の情報交換の大切な場ともなっています。子育て支援課のOさんとTさん、社会福祉協議会のTさんも参加してくださり、市民と行政関係者が一緒に創っていっている応援まつりです。
今年は、子そだてママにリフレッシュしてもらうためにハンドマッサージのコーナーを設けます。素敵な香りを焚いてリラックスしてもらえたらいいな、と思っています。また、ことしはママたちのための「リフレッシュヨーガ」に託児がつきます。昨年は、託児があったら参加したかった、という声が何人もの方から寄せられていました。社会福祉協議会のボランティアさんたちのおかげで実現することができて、とても嬉しです。
ほかにも今年新しく参加してくださるグループには、環境を次世代の子どもたちに伝えたい、森を大切にしていきたい、というコーナーもあります。民話を語る語り部さんたちも来てくれます。紙飛行を飛ばそう!不用になった子供用品を無料でとりかえっこしよう、というコーナーも設ける予定です。
ここで紹介しきれないくらい盛り沢山の楽しい企画がありますので、みなさん楽しみにしていてくださいね!ポスター・チラシは10月中旬ころから皆さんの目に触れていくと思います。ご期待ください!

スポンサーサイト
MOKOに遊びに行きました
2007年09月15日 (土) | 編集 |
昨日は幸手市東にある『MOKO』にお邪魔しました。5月12日のブログでも『MOKO』の紹介をさせていただきましたが、その後も時々は遊びに行かせてもらっています。仕事のお手伝いをさせてもらいながら、メンバーのみんなと楽しくおしゃべりしてきました。
メンバーのみんなは、月曜から金曜日にここに通ってきて、タイムカードを押し、仕事をして毎月お給料をもらっています。昨日は、BGMに井上陽水が流れていました。私にとっては、一緒にいて楽しくて、ホッとできる居場所が『MOKO』です

私は勉強不足でずっと知らなかったのですが、ハンディを持った子どもたちは、養護学校を卒業したら、「○○の里」などと呼ばれる作業所に通い、そこでずっと仕事ができるものだと思っていました。
でも定員が決まっていて、ずっといることは無理なこと、まだまだ社会の受け皿が少ない状況の中、そのあとの居場所として『MOKO』のような民間の施設が必要なことを知りました。
ハンディを持った子どもたちのことだけではなくて、介護保険の改定により、お年寄りたちも居場所が少なくなっています。
地域で、支えあって暮らしていける街、今は元気で、なんでもひとりでできても、いつか人は年をとり手助けが必要となっていきます。一人じゃないよ、何かあった時は助け合おうね、そんな街が暮していて温かい
のだと思います。『MOKO』は、いろんなことを私教えてくれます。また、みんなに会いに行こうと思っています

9月の子育てサロンが開かれました
2007年09月11日 (火) | 編集 |
          サロンのチラシ 
   今回は子育てママ二人がチラシを担当してくれました。
   手書きのとても素敵なチラシです


子育てサロンが始まって丸5年になろうとしています。子育てだけではなく、パートナーとのこと、親とのこと、自分のこと等など、安心して話せるフリートークの場が幸ネットワークの創ってきた子育てサロンでした 子育て中のママだけではなく、子育てから手の離れた世代の方たちの参加も大歓迎で、時には4世代にわたっての参加者が集まったこともありました。
今回は、このサロンの雰囲気を大切にしたい、と言ってくれた子育てママたちがチラシを作り、友達に声をかけ、この日のサロンの進行をしてくれました

      20070911192412.jpg
      子育てサロンの様子

ふすまの向こうの和室では保育ボランティアさん達が子ども達の保育をしてくれています。この日は、元保育士の子育てママが子どもたちのためにお楽しみの時間を持ってくれました。「始まるよ、始まるよ、何が始まるかな~?
       保育風景
        みんなの大好きなアンパンマン 

サロンの終りにパートナーの話になりました。3年前に企画した「パパママサロン」をやろう、焼き芋をやってパパを呼ぼう!という話が出てきました。焼き芋もパパも素敵な企画です。ママたちから出てきた楽しい企画です。ぜひ実現しましょうね
幸手子育て支援ねっとわーく通信第2号が発行されました!
2007年09月02日 (日) | 編集 |
5月に第1号が発行され、第2号を8月29日にやっと市内に配布することができました。今回の特集は「私の幼稚園ひとこと紹介」です。秋の幼稚園入園シーズンを前に、どんな幼稚園があるのか知りたいよね、という子育てママたちの声が企画になりました。手分けして各幼稚園に通っているママたちに原稿を書いてもらったり、取材をさせてもらって原稿に起こしたり・・と子育てママのネットワークがフル回転して出来上がりました!
「まさしくネットワークですね」とある幼稚園では驚きの声と共に言ってくださいました。「自分たちの目指しているものを、お母さんたちにちゃんと伝わっているとわかって嬉しい」と記事を読んで言ってくださった幼稚園もありました。
どの幼稚園も本当に素敵な幼稚園で、読んでみるとぜひ訪ねてみたくなります。通信第1号の「幼稚園に行ってみよう」特集と合わせて使ってもらえたら、幼稚園がぐっと身近になること間違いなしです。第1号はウェルス幸手の「子育て支援課」の窓口に並んで置いてありますので、まだご覧になっていない方は、どうぞお持ちください。


ねっとわ~く通信2号P1
 クリックを2回繰り返すと読みやすくなります

ねっとわーく通信第2号P2  ねっとわーく通信第2号P2~3  ねっとわ~く通信第2号P3
        今回は見開きで構成されています

ねっとわーく通信第2号P4


今回企画を立てて、記事を集めてくれたママたち、取材に応じてくれたママたち。この通信の発行を気持ちよく了解してくださった各幼稚園の先生方。たくさんのみなさんの力により、発行することができたことが何よりも嬉しいです これからも子育ての現場の声をお届けする通信を創っていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。