埼玉県の幸手市で、子育て支援をしている小さなグループです。 たくさんの人とつながっていく温かさを伝えていきたいと思っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お父さんの輝きプロジェクトの報告です
2007年10月23日 (火) | 編集 |
21日にウェルス幸手で開催された「お父さん輝きプロジェクト」の中で、子育てパパの育児体験を話してもらい、そのあと近隣の子育て支援グループとの情報交換をする企画がありました。NPO法人の「彩の子ネットワーク」さん、久喜市ネットワークの「久喜んこ」さん、鷲宮町の「ハッピー!」さん、加須市の「ならでわ」さん、そしてお隣の茨城県境町の「SKIP]さんと常総市の「ぽっぷんくらぶ」さんも集まっての素敵な素敵な交換会となりました。

子育てパパのYさんは、S市の職員で現在育児休暇を取って子育て体験中です。家事は嫌いじゃないし、どんどん成長する娘の姿を見るのには今しかできない、と育児を始めたものの思い通りにはいかず苦労の連続だったと話されました。

育児休暇を取る前は、子育てするお母さんたちの偉大さは、わかっているつもりだったし、時々は「大変ですよね」と声をかけたりしていた。でも実際に子育て体験した今は、傍に寄り添って「大変ですよねー」と言いたい気持ちに変わった。
僕を見つけてとてもいい笑顔で駆け寄ってくるときなど、娘にとって今は、僕がすべてなんだな、ととても感じる、身近な大人がいて、安心できることがこの子にちとって幸せなんだ、仕事は大勢の人のためにしているけれど、今している育児という仕事は、今ここにいるこの娘のためにしている、こちらがしたことには、ちゃんと返ってくる1対1の関係で、とても貴重なことだと感じている。
パートナーが育児の大変さをわかってくれていることは、とても大切。仕事も仕事で大変だけれど、家庭は家庭でひとりで何でもこなさなくてはならない大変さがある。家庭も子どもを含めてチームでやっていくものなんだと思う、仕事と家庭のワークライフバランスが大切なんだな、と感じている。


とても素敵な体験記を簡単にまとめたので、きらきらした時間をうまくお伝えきれず残念です。今はまだ半年なので、1年たったらまた感想が違っているかもしれません、と言っていたYさん。その時の気持ちをまたどこかで聞くことができる機会があったら素敵だなぁ、と思いました

こんな素敵な体験をしたパパは、仕事に戻った時にそれまでの景色と違うものがきっと見えてくると思います。そんなパパが増えてきてくれたら嬉しいです

このあとも、素敵な時間はまだまだ続きました。(別の日にまた書かせてもらいます)
出会うって、とっても素晴らしいことだと、改めて感じた交換会でした。こんな素敵な場をつくってくれたよっくんじーに、心から感謝です



      20071024073247.jpg
   子育てパパの素敵な体験を話してくれました
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。