埼玉県の幸手市で、子育て支援をしている小さなグループです。 たくさんの人とつながっていく温かさを伝えていきたいと思っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸ネットが大切に想っている事
2006年09月14日 (木) | 編集 |
今朝の新聞に小学校の校内暴力が増加している、という記事が載りました。
文部科学省は、今年の5月に「ゼロ・トレランス(非寛容)」という米国流の指導法を取り入れ、小さな違反も見逃さない一貫した対応が非行防止に効果があると紹介しているそうです。その一方で、現場の教師やカウンセラーからは、一方的な押さえ込みは一時しのぎにすぎず、問題を先送りにしているだけだという指摘も出ています。

子ども達の荒れにどう対応したら良いか、は様々な考えがあると思います。私達が、子育て支援を通じて伝えたいと思っていることは、人とつながる温かさ、です。みんな同じに赤ちゃんとして生まれてきたのに、育つ環境によっては愛される経験が少ない子どもも出てきます。人は、無条件で愛された経験をもって初めて、他人への思いやりとか優しさを身につけていきます。でも、愛情をちゃんと受けられなかった子ども達は、「問題」といわれる行動を通して「こっちを見て!気がついて!」とSOSを発信しているのです。
乱暴な言葉を吐く子、荒々しい行動をとる子…親の躾がなっていない、と言われそうですが、その子の親も、きっと愛される経験が少なかったのだと思います。
だから、誰か周りのいる人が関わることができたら、と思うのです。もし、その親や子どもが100の関わりを必要としていたとき、一人の人が100関わろうとしたら、きっとへとへとになって続かないかもしれません。でも10ずつ、10人の人が関われたら100になります 地域でそんな関わりが持てたら素敵だなぁ、と思って微力ですが活動させてもらっています。
私達の子育てサロンも、子育てママの嬉しい話、できた話だけではなく、こんな自分はダメ?と思っていること、もういや!と思うことなど、何でも話せる場になっています(本音で話せるおやじの会、もあります)できるあなたも、できないあなたも、大切なあなたなのです。
子どものこと、パートナーのこと、一人で悩まないで、安心して話せる誰かとつながれたら、その誰かが地域に居てくれたら、きっとこの街でも安心して子育てができるのだと思います。 そのために幸ネットもお手伝いできることはなんだろう?といつも考えています。
  どうぞ、ご意見ください。お待ちしています
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。