埼玉県の幸手市で、子育て支援をしている小さなグループです。 たくさんの人とつながっていく温かさを伝えていきたいと思っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『人を育てる力』第4回ミニセミナーの報告
2006年09月26日 (火) | 編集 |
昨日(25日)、しあわせCafeアミの2階で語り手に川村紀子さんを迎えてのミニセミナーが開催されました。保健師である川村さんの今の主の仕事は、介護相談員です。この仕事は市内の施設を訪問し、職員や入居者から相談を受けるものです。初めて会うお年寄りに、心を開いて話をしてもらえるためにはどうしたらよいか、と色々工夫をされ、今はピアニカを持参してお年寄りの好きな曲を吹かせてもらっています、と話をされました。
私達にも何曲か披露してくださったのですが、想像以上にピアニカの音色は心に染みてきました。昭和初期から戦後の時代を思い起こさせる、懐かしい音色でした。
それまで無表情だったお年寄りが、演奏がおわると「ニコッ」と微笑んでくれたり、誰も聞いてくれていない、と思っていると後ろ向きで寝転んでいるお年寄りの足が、実はリズムを取ってくれていたり・・最初はコミュニケーションをとるのが難しいと思っていたけれど、音楽を通して少しずつ近づいていけたように思う、と話されていました。お年寄りの呼吸に自分も一緒に呼吸を合わせていくと、見えなかったものが見えてくると語ってくれました。
自分の老いを考えると、自分は老いへの初心者なので、先行く人を見て学ぶことができて良かった、という謙虚な言葉が私の心に残りました。
最後に参加者に「あなたの老後のイメージは?」と一人ひとりが話す時間が持てたこと、他の町の介護相談員さんも参加され交流の輪が広がったこと等、想いを共有する心温まる「場」となりました。 
   

           20060926224808.jpg
            ミニセミナーの様子     

           ピアニカは懐かしい音色でした
             ピアニカを吹いてくれました


           感謝を込めて
               参加者から花束が渡されました
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。