埼玉県の幸手市で、子育て支援をしている小さなグループです。 たくさんの人とつながっていく温かさを伝えていきたいと思っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベビースリング講習会
2007年07月05日 (木) | 編集 |
4日にウェルス幸手で、子育て中のママであるKさんが講師の先生を招いて開催されました。2回目の企画です。1回目の開催のときは参加できなかってので、今回はぜひ見せもらえたらと思い、遅れてしまったのですが、見学させてもらいました。
「ベビースリング」って、子育てから離れている人たちには、聞きなれない言葉です。私もそうでした これは、一枚の布を使って、赤ちゃんを抱っこしたりおんぶしたりできるものです。発祥はアフリカ・中米とか。そういえば、色鮮やかな布で、赤ちゃんを抱っこしている写真を見たことあるのを思い出しました。
一枚の布で、赤ちゃんの安全を守りながら、ママに抱っこされて安心している赤ちゃんたち。講師の方も、自己流ではなく赤ちゃんが安心できるようにきちんとした方法で使ってください、と言っていました。そうした流れのなかで「ベビースリング」という新しい方法は、しっかりとお母さんたちに受け入れられていました。講習会は、他にも母乳のこと、育児の話も伝えられ、ゆったりとした雰囲気がとても心地良かったです。
いつの時代でも、ライフスタイルに合った方法が、まずは口コミで(今はインターネットで)広がっていきます。子育てをする中でその時その時に必要なものを柔軟に取り入れていくしなやかさ、子育てを楽しんでいこうとする感覚はとても素敵だなぁ、と嬉しくなりました。
 
     

20070705054904.jpg
< 赤ちゃんはこの布の中にすっぽり包まれています
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
リュックタイプのおんぶ紐として主に使っています。外出などにはベビービョルンを使用。最初は昔ながらのおんぶ紐を購入したのですが子供がお腹を圧迫されるのを嫌い、またわたしも前のばってんがきつくて嫌だったのでこちらにしてみました。背中と子供の間に適度な空間もで
2007/09/29(土) 08:21:48 | ベビー 赤ちゃんをあげる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。