埼玉県の幸手市で、子育て支援をしている小さなグループです。 たくさんの人とつながっていく温かさを伝えていきたいと思っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てサロン「パパママ応援セミナー」の報告
2007年07月31日 (火) | 編集 |
  チラシはクリックすると拡大され、もう一度クリックすると更に拡大します
パパママ応援セミナー表                 パパママ応援セミナー
7月28日(土)に開催されました       講師はQ&Aのアドバイザーの青木さん

28日(土)午後から、幸手市西公民館でスクールカウンセラーの青木さんにお話しをしていただきました。
ご自身の子育て体験から、お子さんが人とのかかわりをもつことが苦手だったので「友達と仲良くしなさいね」とは学校に通う間は絶対に言わなかった、と話されました。長い学校生活の間には、数多く問題があったのではないでしょうか? それでも、まずは子どもの心を大切に、と母親として葛藤をされたことが伝わってきました。
子育てとは、子どもの心を何よりも大切に育てるものだと、改めて学びました。
質問コーナーでは「いじめをする側の子どもの成育歴に問題があるのでしょうか?」という質問が出ました。青木さんは、「過去の問題ではなくて、現在の傷ついている子どもの心にどのように対応するのかが大切だと思いますよ」と答えていました。私たちはつい、過去を振り返りがちですが、大切なのは「今、ここに存在すること」をしっかりと見据えている青木さんに感動を覚えました。
「今のあなた、そのままでいいのです」と温かいメッセージが参加された皆さんにも伝わったと思います。終了後のアンケートでも皆さんの感動が溢れていました。尚、この日は2人のパパが参加してくれました。また栗橋町社会福祉協議会を通じて5人のボランティアの方たちが参加してくだり、更に輪が広がっていったことも、とても嬉しかったです
 (M)

セミナー風景    セミナーの様子



この日は、もう一つの企画が並行して行われていました。社会福祉協議会主催の「夏のボランティア体験」に参加してくれた中高生の保育体験です。
幸ネットワークのサロンは、和室を二つに区切って、隣の部屋で保育をしています。ふすまは少し開けておいて、ちょっとママが恋しくなった時はママが隣の部屋にいることを確認して安心できるような方法を取っています。
その保育ボランティアのお手伝いに8人の中高生が応募してきてくれました。午前中は、育児のビデオを見て感想や、保育に対する思いを話し合いました。そしていよいよ午後から保育体験です。
積極的に応募してきてくれた子ども大好きの皆さんだけあって、子どもたちと十分にかかわりあってくれました。子どもたちも自分たちの目線で一緒にじっくり遊んでくれるお兄さん・お姉さん達に大満足でした

保育体験      保育体験


この企画を通して、新しいたくさんの人たちと(中学生や高校生とも!杉戸町から参加してくれた人もいました!ありがとう!)出会えたことが何よりも嬉しくて、また人と繋がる、という宝物を幸ネットワークは戴きました幸手市社社会福祉協議会の、特に担当のKさん、連絡等で何度もお手数をかけました。ありがとうございました
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
childcare)は、共稼ぎなどで母親が家庭に不在の家庭の子どもを日中預かって、母親による育児の代替を保育所で提供すること。保育所が、そうした施設の正式名称で、保育には保育士(かつての保母という名称から、保育士に名称が変わった)があたる。エリクソンが、母親が幼
2007/08/22(水) 17:23:53 | 子育てのうんちく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。