埼玉県の幸手市で、子育て支援をしている小さなグループです。 たくさんの人とつながっていく温かさを伝えていきたいと思っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学生は未来のパパとママ
2007年10月13日 (土) | 編集 |
ご無沙汰しています。先月の22日に書き込んで以来です。
嬉しいこと、楽しいことがたくさんたくさんあった3週間でした。

今、実はとってもとっても素敵なこと が起こっています
3年前に幸手東中学校で「子育てサロンin東中」が始まりました。これは親子で中学校を訊ね、中学生が保育を行ったり、お母さんたちの子育て体験を聞いたりして交流するという企画です。中学校に小さな子どもたちがいる!、というとても楽しくて素敵なものでした。中学生の笑顔がとても輝いていて、みんなが幸せになれた時間でした。(詳しくは昨年の10月11月のブログを見てください)
その子育てサロンが今年は、市内の栄中学校でも開催され(10月16日・12月18日・3月18日)また、お隣の茨城県境町の境第2中学校でも子育て支援グループの「SKIP」さんを中心に開催されています(10月4日・12日・19日)

栄中学校の企画は、子どもたちの成長を中学生に見てもらいたい,とい内容で同じお子さんが半年の間に3回中学生と交流します。10月にはまだハイハイしていた赤ちゃんが、もしかしたら来年の3月には歩いているかも・・そんな成長の一環を中学生が体験することができるなんて、想像するだけで胸がわくわくします!この企画は主任児童員さんたちが中心になって進めています。

境第2中学校には昨日参加させてもらいました。
境町って、県が違うとなんとなく遠い、というイメージがありますが30分ほどで到着しました。改めて実はお隣同士ということを実感しました
オープンスペースがあちこちにあり、木の温もりが感じられゆったりした雰囲気の中学校でした。サロンの会場は図書室が解放されていました。町のさまざまなボランティアの方たちと協力してサロンが進められていて、幸ネットも逆に教えてもらうことがたくさんありました。

   保育の様子     SKIPのメンバーさんです
     サロンの様子              お揃いの可愛いエプロン

そういえば昨年の東中のサロンのあと、商工会のNさんが他の市の職員さんが自分の街でもやりたい、と言っていましたよ、と嬉しい話を教えてくれたのを思い出しました。今の時代、いろいろな意味で大変な時期である中学生の素敵な笑顔が、もっともっと広がっていったらこんなに嬉しいことはありません
子育て支援というと、小さな子どもに何か楽しんでもらう、というイメージがかつては先行していましたが、今はどの世代の子どもたちとも長い目でつながりを持ち、サポートすることが必要だと感じている人が多くなっていると思います。
中学校のサロンも、学校の理解がなければ行うことはできません。また、サロンをするのに合った規模・環境もあるのでどの中学校でもできるとは限らない現状もあります。でも、中学生や高校生は、近い未来にパパやママになっていく人たちですから、サロンという形以外でも地域で触れ合う機会を作っていきたいと考えています。


それぞれのサロンの素敵なチラシは、今日は長くなってしまったので明日お届けします
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。